1. TOP
  2. 不動産投資日記
  3. 不動産コンシェルジュ 猿でもできる不動産投資 評判とは

不動産コンシェルジュ 猿でもできる不動産投資 評判とは

 2018/07/05 不動産投資日記
この記事は約 3 分で読めます。 25 Views

ずる賢い不動産投資術とは

 

自己資金をいかに少なく投資をスタートするか

 

ココが大切です。


 

副収入はほしい時代ですよね。

年収110万円、週3コンビニ勤めのアルバイト店員が不動産オーナーになれると思いますか?

 

なかなかきびしそうですよね。

 

他の不動産会社ではローンが通らない

条件の良い物件が見つからない

 

という悩みが多く、不動産オーナーになれない方が多数います。

 

不動産コンシェルジュでは、不動産歴17年以上の担当者が

 

不動産投資ローンについてアドバイスしてくれ、

全力でサポートしてくれます。

 

不動産投資は始めるのに非常に不安ですよね。

 

変な物件をつかまされたくない。

初心者、女性、アルバイト、パートでも不動産投資用ローンが借りられるって知ってましたか?

 

まさに、自己資金0で始められる副収入が不動産投資コンシェルジュでかないます。

もちろん、新築・中古・一棟に対応しており、

不動産のプロが中立の立場でサポートしてくれるのです。

 

不動産投資の6つのメリット

実はお金を借りて物件を買うのが怖い!と思う人でも、

不動産投資のメリットは結構知っているものです。

下記に不動産投資を行う上での6つのメリットを紹介していきます。

不動産投資メリット1 安定収入 固定収入

最もメリットと感じるのは、家賃収入が毎月得られること!

収益性が高く、物件を所有している限り

長期的に安定した不労所得を得られます。

空室保証もあるのが不動産投資コンシェルジュのメリットです。

不動産投資メリット2 年金対策 将来の不安を軽減

国民年金・厚生年金が不安視されていますよね。

自助努力により老後生活の収入を補填・強化でき、自分で自立した生活を送れます。

不動産投資メリット3 生命保険手段 保険代わりになります。

不動産投資ローンを組む際に加入するのが団体信用生命保険。

 

もしオーナーが死亡、大病などの高度障害が起こった時、不動産投資ローンの残債がなくなります。

不動産を購入することは家族のためにもなるのです。

不動産投資メリット4  節税対策

不動産投資では様々なもの、飲食代、書籍代、セミナー代、交通費などを経費計上できます。

所有不動産も 建物部分が減価償却できるので、所得税や住民税が軽減され節税対策が可能です。

不動産投資メリット5 相続税対策 いきなりお金を失わないために

家賃収入が毎月得られるのが不動産投資。

親からの相続する物件が発生するとその時に大きなお金が税金として取られます。

ビックリするほどの値段が提示されますが、その際にも相続税の対策が可能です。

不動産投資メリット6 インフレ対策 経済情勢が変わったとしても

インフレで貨幣の価値が下がったとしても

所有不動産の価格が 下がることはなく家賃も安定します。

 

 

いかがでしたでしょうか?一度不動産コンシェルジュの無料面談に申し込んでみてください。

 

不動産で成功するための限定ノウハウを配信!&pdfプレゼント
メルマガ登録フォーム

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

不動産投資で月100万!アフィリエイター大家 節税しながら賢くローンで資産形成 高利回り物件購入の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産投資で月100万!アフィリエイター大家 節税しながら賢くローンで資産形成 高利回り物件購入の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

watetsu311

この人が書いた記事  記事一覧

  • 不動産コンシェルジュ 猿でもできる不動産投資 評判とは

  • 表面利回りと実質利回り 不動産購入の指標となる相場 理想と最低ラインをチェック

  • 購入した土地が借地権だと担保評価が下がる?信用を棄損しないために

  • 不動産購入後、建物分の消費税還付を受ける方法とは?

関連記事

  • 2棟目を買うかもしれません

  • ねずみ駆除にかかる費用とは 所有物件にねずみが出たので、見積もりだしてみた

  • 空室がついに埋まりました♪

  • インベスターズギルドのセミナーに参加

  • 所有物件の放置バイク対処法 通報すべきか?

  • 不動産購入後、建物分の消費税還付を受ける方法とは?